2015年2月2日月曜日

2月号― Punとダジャレ


/公開---1,490語(前回も同じ字数でしたが、誤差が生じてこうなっています。)の内の10語
                  今回もご来訪心より感謝申しあげます。       

                  毎月第一月曜日9:00(日本時間)更新

                           本題(ダジャレ文)
本題の見方---ダジャレ文の中の青色文字は英語の意味、赤色文字は語呂合わせの部分で、かなりなまったり方言ぽくなる場合があります。また、ダジャレ文は語呂合わせの為の文言で、意味の正当性、日本文としての正確性は有りません事ご周知下さい。
 英単語に添えられた丸数字は難易度レベルで、詳しくは2012.8/27号をご参照ください。(⑦~⑫は書物には頻出。⑳以上も新聞等には時折出現する。)
緑色背景文字は、初公開時以降に追加・修正した部分です。

―ミシュマシュ―
1)ゴーヤと卵をごちゃまぜにする料理をゴーヤジャンブルという。⑪jumble(vi)
2)薄い髪の毛、しっかり生えてこの毛生え薬すばー(ら)す。⑪sparse
3)奴とは辛苦をともに出来るほど、同調できる。⑭sync(n)
4)スタップ発表報われんでも、今はあんさん(=あなた)っとこらえて。⑭unsung(a)---こらえても今となってはもう無駄!
5)直観ぐっとフィーリングに来たね。  gut feeling
6)雨が降っても,ただ「あんら降るど」と落ち着いていた。⑱unruffled(a)
7)15ホールで「ラフる」(ラフに入れてしまう)とギャラリーは騒ぎ立てた。⑩ruffle(a) ---上の反意語
8)立ってパーって行こうとしたら、めまいがした。⑮vertigo(n)
9)そんなものバーで食うと評決は有罪になる。⑧verdict(n)
10)金持ぶると暮らしいいと,はびこる金権政治㉘plutocracy(n)
 
                                                                 随想

或るPunを含む面白い英文に出会いました。

     Yesterday is  memory. Tomorrow is mystery Present is present(from God).
            (カッコ部分は私が加筆したもの)

presentの二つの意味を掛けて(使って)一つの文章にしたpunですが、このように、二つの意味を
持つ単語を、別々の意味で使って一つの文章を作る事、これを英語のダジャレすなわちpunと言います。英単語には同じスペルで複数の意味を持つ単語が沢山有るのでいろいろなpunが出来ます。(ウェブサイトにいろいろありますので興味ある方は"pun"を検索されたし)
 一方、日本語のダジャレは、発音が似ていて意味が異なる部分を使って(このブログがまさにこれで、punとは異なる)、語呂合わせする事で、オジンギャグと揶揄されるのはご存知の通りです。
 punを作るのは単語力が要り、英語の勉強になるかもしれません。punではありませんが、下段のような日本語風ダジャレを作って、ネイティブに見せたら結構笑ってくれました。皆さまもいろいろ作って、コメントしてください。ここで公表させて頂き、いっしょに笑いませう。
※2012、5/12号「英文ダジャレ」のページも参照して下さい。
               ―私の作ったダジャレ英文(punに非ず)―
He's struggling with cleaning away the ivy straggling over the fence.
They glean green leaves with glee because of greediness.
Peaple must elect a president to erect a country.
He sports his sports car, not to be the sport of his class.
He is an authority of  an anthology.(スペルは似ているが発音はだいぶ違うか。)
I don't want to toil in a toilet.
She whines being  not served wines.

2012年8/27号「本日のおまけ」の項にもダジャレ英文有り。

2012年6/11号にもダジャレ英文有り。


                                レビューⅠ(1月号本題の辞書での例文・例句または意味)
1)The designer's new line showed a touch of whimsy.
2)The boy crowed with delight.
3)His riotous mugging always has everyone in hysterics.
4)He was a real geek in high school.
5)Oil gushed from the well.
6)I was so hungry that you could hear my stomach gurgling.
7)The rules stipulate that players must wear uniforms.
8)Umpteen million retail vending machines play an important part in promoting the product.
9)The ordeal has been very hard on my husband and children.
10)The patient made a painful grimace as the doctor examined his wound.

                               レビューⅡ(12月号本題の語呂合わせ文)
1)imbecileインベスルどんな( ? )事でも知らないよりはいんべ知る方が。馬鹿げた
2)idiotイディオットゥ( ? )な方がいいで夫は。馬鹿
3)obtuseオブトゥユーズ言葉に( ? )な奴は、大人になっても風呂をオブと言うず鈍感
4)dumb⇒ダム→そんな( ? )ことしちゃ(ム)。バカ
5)in desperation⇒イン デスパレイション →浮気ばれそうになっても、( ? )になって、「いいんです、ばれしょうでも」と強がる。やけくそ
6)buff⇒バフ→いくら競馬の( ? )なファンだからといって、( ? )馬糞は嫌がろう。熱狂的、素肌
7)assertive⇒アサーティヴ→今日なのに、あさってイブだと( ? )男。言い張る
8)chan⇒チャン→( ? )ないでちゃんと言え。もぐもぐ言って
9)jurisdiction⇒ジュリスディクション→その部署の( ? )受理してくっしょんと頼まれる。管轄
10)surfeit⇒サーフエートゥ→これで税金さー増えっともう( ? )だが。うんざ

                              レビューⅢ11月号本題のメディアで最近使われた例文)                        1)The imminence of further monetary easing in Europe and Japan builds a strong case for bond yields to drop further.
2)The cow’s head was locked in a cage like device to keep her immobile, he said.
3)“Our immoderate passion for Revolution blinded and perverted us,” Zemmour writes.
4)"It was a very good interview, forgive my immodesty," he told Saturday's rally.
5)About 160 people in contact with the patients were interviewed, and 20 were put under quarantine until they could prove they had immunity.
6)Beijing claimed the committee was seeking to meddle in its internal affairs - a move MPs said was "highly regrettable" and "counter-productive".
7)As she followed him to a private meeting room, her gait was noticeably quicker.
8)Usually, this is a disorderly, or “incoherent,” process, in which an electron might send off radiation in any direction at any time.
9)Seven months later, the same respondents answered questions about job satisfaction, commitment to the company, psychological distress and negative feelings.
10)Poland is hardly the only country in this predicament.



 これで2月号終了します。ご高覧賜り有難うございました。
                  次号3月号は3/2公開の予定です。


このブログは 「難解英単語ダジャレ集」をグーグる、又はhttp://eitango-dajare.blogspot.jp/で開きます。お知り合いの方々ににご紹介賜りますれば幸甚です。



















                               
                  



                            

0 件のコメント:

コメントを投稿