2015年7月6日月曜日

7月号-再び体験したダジャレ記憶

/6公開---1,540語の内の10語
                  今回もご来訪心より感謝申しあげます。       
                  毎月第一月曜日9:00(日本時間)更新
                           本題(ダジャレ文)
本題の見方---ダジャレ文の中の青色文字は英語の意味、赤色文字は語呂合わせの部分で、
かなりなまったり方言ぽくなる場合があります。また、ダジャレ文は語呂合わせの為の文言で、
意味の正当性、日本文としての正確性は有りません事ご周知下さい。
 英単語に添えられた丸数字は難易度レベルで、詳しくは2012.8/27号をご参照ください。
(⑦~⑫は書物には頻出。⑳以上も新聞等には時折出現する。


1)腫物放っておいたら饐(す)えり行ぐ。③swelling(n)
2)実入り少なくパサパサした粉のようなものしか食ってない。㉓mealy(a)
3)くそみそ一緒、混交しょ(そ)⑭concoction(n)
4)いくつ風呂行ったってイブじゃ売れまいと搾取する経営者。(⑭exploitative(a)---ダジャレ文意味不明か
5)ちょん切られた首そこでかびてっと。㉕decapitate(vt)---女性、気の弱い方は忘れて下さい。
6)水跳ね返って顔につき皮膚つっぱった。⑰spatter(vt,n)
7)こそこそ歩いて検問すりんく(すり抜ける)。⑭slink(vi)
8)こんでいんじぇんとは言えない不確かさ。contingent(a,n)
9)横柄な奴はおじぎ(し)ねーって⑳snooty(a)
10)何も身が入っていない貧しい味噌汁。⑳meager(a)


                            随想 

再びダジャレ記憶法の実体験をしました。(実はいろいろな場面で何度も体験してはいます。)
4月号本題1)の単語fathomですが、6/17のチャールストン教会の出来事の後、ニュースに一斉にunfathomableという単語が飛び交い出し、瞬時にあのfathomから「不可解な、言うに言われぬ」といった意味であろうことが想像でき、またこういう場面で(fathomableよりunfathomableが多いことからfathomは否定的な場面で使われ易い)使われる単語であることが分かり、まさにダジャレ記憶法の実践例(語呂合わせならぬストーリー仕立てでしたが)そのものでした。下にニュース例文を掲載します。(全て6/18の各社の新聞記事からのものです。)例文にあるambiguousやderangedも、過去にダジャレたもので、やはり思い出すことができ、ダジャレ記憶法のすばらしさを体感することができました。どうか皆様も是非、体験し、ますます単語力をつけられますことを願ってやみません。
Charleston Mayor Joe Riley Jr. called the shooting an “unfathomable and an unspeakable act by somebody filled with hate and with a deranged mind.”
Charleston Mayor Joe Riley called it "an unfathomable and unspeakable" tragedy.
What happened in Charleston, S.C., is not unfathomable or even ambiguous.---”is fathomable"とは通常言わない。
ところで、最近、新幹線で焼身自殺した事件が大きく報道され、まさに”unfathomable”として扱われましたが、この事件が私のような、豊かではなく、苦労に苦労を重ねて今に至った初老の人間にとっては、ある意味”fathomable”に思える時もあり、自分でもやばいなーと感じることがあります。詳しくはまた後日に取り上げたく思いますが、どうか奇異に思われることなく「一体なぜか」に思いをはせていただけましたら感謝感激ではあります。



            レビューⅠ(6月号本題の辞書での例文・例句または意味)
1)Our country is prepared to take unilateral action.
2)the lateral force of an earthquake
3)The forest was filled with a soft, diffuse light.
4)It is also common that participants carrying portable shrines are drenched in water or go into the river or sea. This is also seen as a kind of ablution.
5)He had a winsome, boyish smile.
6)The rain caused torrential flooding.
7)The storm turned the stream into a raging torrent.
8)stall:多義語につき例文なし。
9)Full Definition of TOPSY-TURVY

1:  in utter confusion or disorder

2:  with the top or head downward :  upside down

10)These torsion springs, where the supporting axis 2 passes through, act in different torsion angle.

            レビューⅡ(5月号本題の語呂合わせ文)
1)unilateralユニラテラル →( ? )言うなら照らるるほめ言葉。 一方的
2)lateral ラテラルドレミファソの( ? )ラ出らる 
3)diffuse ディフューズホコリはゴミの( ? )で浮遊す 拡散
4)ablution アブルーション邪悪を( ? )には火にあぶるーしょん 清める
5)winsome ウィンサムウイー寒と頬をすぼめる( ? )少女。 あどけない
6)torrential トレンシャルそんな( ? )じゃ川は通れんじゃろ 急流
7)torrentトレントゥ →( ? )通れんと 急流
8)stall ストール( ? )すとるのいいことに、( ? )すとーる エンスト、時間稼ぎ
9)topsy₋turvyトップスターヴィ 上下( ? )だからトップ下べ 逆さま
10)torsionトーション →( ? 開かないどーしょん ねじれ
  
            レビューⅢ4月号本題のメディアで最近使われた例文)
1)It’s hard to fathom that the erudite omnivore Jefferson knew nothing about dinosaurs.
2)This work is all head, abdomen and thorax, reveling in horns, wings and stingers; hooks, claws and pincers; spurs, barbs and feelers.
3)The orchestra has released previous albums but in a piecemeal fashion.
4)“This process is a plebiscite for the delivery of absolute power to one man — something I refuse to go along with,” Mr. Figo said.
5)Over time, the theory goes, some of those technologies filter down to the more plebeian models in the range.
6)The concavity in the center of the bed is rectified by sleeping on a folded-up towel, and so forth.
7)There’s a slightly unfortunate concatenation of events here over the calculation of GDP.
8)He's ignorant, yes, but he's not a bigot.
9)Google might cost nothing to use, but it compiles dossiers on consumers that it charges advertisers to access.
10)Gradually, after dosages approached uniformity and careful monitoring became routine, lithium in various compounds was recognized as an acceptable treatment.



これで7月号終了します。ご高覧賜り有難うございました。
                  次号8月号は8/3公開の予定です。


このブログは 「難解英単語ダジャレ集」を検索、又はhttp://eitango-dajare.blogspot.jp/で開きます。
お知り合いの方々ににご紹介賜りますれば幸甚です。

0 件のコメント:

コメントを投稿